2011年12月23日

『国境の城塞』ダウンロード開始♪

 HJさんのサイトから、『国境の城塞』第1章、『策謀の砦』のDLが可能になりました。日本では最初に行なわれたD&Dエンカウンターズのシナリオです。本国の数え方で言いますと第3シーズンということになります(第1、第2シーズンは日本ではやっていません)。

 とりあえずDLはこちらから。HJさんのトップページにも出てるのですが、ここにリンク張っとけばずっと消えないので。

http://www.hobbyjapan.co.jp/dd/support/

 『国境の城塞』5部作、これから毎月1章ずつのご紹介になります。
 ……で、これ、むっちゃ面白いです。原稿を読みながら毎回、こいつを読まずに最初っからPLで遊びたかったと歯噛みしたほど。
 というわけで、みなさま、是非、遊んでください♪



 で、あとは翻訳のうらがわ。

 1週間に1回、水曜夕刻の2時間を、店舗のプレイスペースを借りて1回1遭遇のセッションを続けていくことでキャンペーンを遊ぼう、という遊び方が本国で始まっているらしい。日本でもそれができないか。
 
 ……ということで、DAC-BITのふぇるでぃんさんが動いてるんだけど、シナリオが英語しかないのでは動けるDMが限られる。データはともかくテキストだけでも日本語版が作れないか、ということで、翻訳チームのD16氏から打診があったのが昨年10月終わりだったか11月の初めだったか。それ以来ずっと翻訳でエンカウンターズのお手伝いをしています。

 開始当時はあくまでも日本語版は非公式、お手伝いだったので「『国境の城塞』翻訳してますー」とおおっぴらに言うわけにもいかず、お手伝い翻訳お手伝い翻訳ともにょもにょ言う日々でした。でも、私がごそごそテキスト翻訳してる間にたくさんの人があちこちで動いていらしてて、いつの間にかボランティアとはいえ“仕事そのもの”は公式のものになっていて……なんだかもう、どこにどう感謝していいのかわからないけど、この動きの中で自分が“何かできた”ことがとても嬉しいです。

 最初は本当にユーザー側から「日本でもエンカウンターズをやりたい」と働きかけ、HJさん、WPNさんに応えていただきながらそれがちょっとずつ大きくなっていって、動き始めてから1年と数ヶ月、1店舗、1卓から始まったものが、今では日本全国のあっちこっちでエンカウンターズが開催されてるなあとか、水曜夜にtwitterを#DnDJで検索かけるとエンカウンターズの話題がごそっと読めるんだなぁとか。

 エンカウンターズが初めて日本に紹介された記念すべき作品です。
 私はテキストの翻訳を担当し、データ・ブロックや訳文チェックは翻訳チーム各位にお願いいたしました。
 
 ……うん、今読み返してみると、自分の訳文とは思えないくらいノリノリの……いや、ここから先はネタバレだ。

 というわけで、繰り返しますがほんとにむっちゃ面白いので……思い入れもあるけど、それを抜きにしてもほんとにむっちゃ面白いので、是非遊んでくださいませ♪

posted by takinohara at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Translation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。